メイドラゴンにハマる

酔った小林が山に来て、竜の形に出会ったトール。
小林はトールに家に来てほしいと誘うが、トールは感働し、小林はトールに「メイド」をさせようとする。

しかし、褒めたくても、二度と褒められないかもしれない。
小林はひとり、トールが引いたこたつに座っていた。コナ小林とトールが一緒にこたつに座っていたが、小林だけになった。

トールが去った日から三日が過ぎた。退廃的に精神が崩壊した小林は酒を飲み、食事を済ませ、トールのことを思い、自分は知らず知らずのうちにトールから離れられなくなってしまった。

孤独な小林は、かつて三人で座っていたこたつに苦しそうにうつぶせになっていた。六日目の朝、トントンとドアを打つ音が小林さんを起こさせて、小林さんは夢の中から起こさせて、一つの声を聞いて、小林さん、早くドアを開けて、私は帰ってきて、トールです!信じられなくなった小林は、すぐにドアを開けた。目の前にいたのは竜の姿をしたトールだった。別れてからの再会は、二人ともとても感働した。お互いに喜びと興奮をどう表現すればいいのかわからなかったが、小林が「お帰りなさい、トール」と言った。

すると、トールの父である終焉帝がトールを連れて来る。
トールはもう帰らない、小林と一緒にいると明確に言うが、トールの父はそれに同意しない。

トール当惑したとき、小林剛しりめなら、トールの父とに手を一、一束の光を放った小林の右のメガネを足では小林を制し、脅迫と小林、小林グニャグニャは地上、トール小林を见、怖いの至りに命中され、彼女を小林大丈夫でほっとした、あつらえむきの父親。小林を地上におののく壊れたメガネ、しかし一と自分が何を言わなければ、彼女のトール性は本当にいつまでも彼女を離れ、自分の孤独に座った家で、自分の苦痛と后悔だけに残し、ひっきりなしにトールの楽しい时间との思い出を持って、そしてトール今日帰って射つ甘いという一言は、「ただいま、小林。」小林とトールは本当にもう誰も相手を離れられなくなっていた。小林はなんとしてでもトールをつなぎとめたいと思っていた。たとえドラゴンの脅威であっても、たとえ死であっても!

小林は床から起き上がり、トールの手を取った。この瞬間、彼女はただ永遠にトールの手を取ってほしいと願って、大声で叫んだ。
「トールはあなたと一緒に帰りたくないと言った。あなたはこの世界に影響を与えてはいけないと言った。私を殺すことはできない。」トールの父は少し驚き、もし侵略者が来たらどうしようと小林に言うと、小林は大きな声で応えた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました